HOME 建設業登録滋賀県知事許可(般-13)第41979号 お問い合せ
  TEL(0748)42-5611
   FAX(0748)26-1225
  メールでのお問い合せ

 
会社概要 事業所案内 作品集 News『創』の家 お問い合せ リンク集
家づくりまちづくり住まい工房創
ニュース情報 広報誌『創』
 
創   第27号
2010年8月
 
住まいを創る
暑中お見舞い申し上げます
 暑いですねー!!!この暑さ!ただ者ではないですね。肌を刺す暑さ、「刺されたー」って感じです。
この暑い最中、わたくしは毎日、工事現場に出て体を使う仕事(肉体労働)をしています。暑いですが、
しかし毎日大変楽しく、ありがたい事です。能登川駅前徒歩1分の民家を改修中で、色々考え「どうやろう?
こうやろう!」と工夫しながらの仕事です。「センスとアイデアの魅せ所」と思ってがんばっています。
能登川駅前はこの近年、駐車場ばかりになってしまって、「人の賑わう駅前が戻って来て欲しいなあー!」と思う
有志数名が「街の拠点づくり」としてこの民家に目をつけ改修を始めたところです。夕べも検討会議を開き、「能登
川は・・・???」「能登川と言えば、"水"ですよ!」と言うことで、井戸を掘ることを決定致しました。美味しい水を
掘り当てましょう!そしてみなさんに美味しい水を御馳走します。ついては、"水オーナー"を募集致しますので、
ご協力よろしくお願いいたします。「河島!水オーナーになったるぞー」と言うお言葉にお金を添えて申し込んで
下さいね。






外観

居間
玄関 T邸
2010年3月完成の住宅です。
完成時にも、なんだか昔からずーっとここに建っていたと
思える家がいい。自然の暖かさがあって、ごろんと寛げる
家がいい。和風がいいんだけど、和風然としないで、どこか
モダンさが感じられる家がいい。etc
そんな要望の中、「杉の家」ができました。大津壁と、
ステンドグラスに昔の型ガラスを再利用した木製の玄関
建具で、ちょっぴり「大正ロマン」の香りがするかな?
杉板の床は肌触りがとってもいいですよ。

               襖の引き手も
                 ちょっとこだわってみました。

障害者支援施設あかね 大槻模改修工事

知的障害のある人が安心して暮らせる場として小脇の地にあかね寮
が誕生して22年が経過しました。そしてあかねは、創立20周年を機に
「あかね再整備事業」を開始しました。20年の歳月は生活様式の変化
と共に、利用者の老齢化もともない、どうしても改修が不可欠になって
いました。
この度の修繕でトイレや浴室にあった段差はなくなり、バリアフリーに
なりました。手摺のなかった施設にたくさんの手摺も取り付けられまし
た。入所者の居室はすべて個室となり、ホッとできる自分の空間の
保障ができるようになりました。食堂も少人数の体制になり、落ち着い
てゆっくり食べられるようになりました。
ここで暮らす利用者や、働く職員の目線で設計監理していただき、この
ようなすばらしい建物に生まれ変えてくださったことを、蒲生野会関係
者一同、大変感謝しております。
創作舎の皆さん、本当にありがとうございました。       H


 
 
竣工式は手作り
    くす玉に
     大喝采!




男子住居棟外観


    廊下(男子棟)
  4つのブロック毎に
壁の色も変わります。                                  廊下(女子棟)


                                                女子浴室
                                                手摺の付いて浴槽は
         男子浴室                                 安心して入れます。
                                                女子住居棟の
            食堂                                 玄関ホール。
     少人数の食事は                                 明るくなって
落ち着いて食べられますね                                中庭にも出られます

玄関                 居間
あかね児童短期棟


今回の工事で、以前から多くの
要望があった児童短期棟も
増設されました。
職員達は、障害のある人も
ない人も、同じ地域で暮す人と
して大切にされて暮らせる
ように頑張っています!
みなさんも応援お願いします。


トイレ           着替えコーナー


 「創作舎さん、この下地処理はちょっと認められませんかねー。」
 「認められんて言うけど、オタク、『建築』解って言ってるの?
建築士か何か資格持ってるの?」

先日、改修工事の仕様について自信ありげに注文をつける某損害保険会社下請けの
損害調査会社建築担当Tさんとの会話です。
「建築士などの資格は持っていませんが、わが社は大手保険会社数社の事故調査を長年
担当している実績があります。建築の事も解っているつもりです。」

その後、なんやかんやとやり取りが続く、
「寒水石の洗い出し仕上げは、色合わせのペンキを吹き付けて下さい!」
「よおー!寒水石にペンキを吹き付ける???オタク、寒水石知らんでしょ!」
「知ったふりして仕事しててもだめですよ!」

こんな会話でした。最後、先方は気の毒になるくらい平謝りでした。
改修工事などは特に、そこそこ『建築』に対して知識がないと対応出来ない事がたくさん
出てきます。ですから、改修工事を担当させれば、建築技術者の力量はすぐに
解ります。また、すごく勉強になるでしょう。
逆に、ハウスメーカーなどの家創りの仕様は、現場での高い技術を想定
していない。メーカーは、技術者でなくても施行出来る建材・技術者でなくても
取り付けられる住宅機器の開発を目指しています。ですから、技術者の質の
低下が起こり、知らんのに知ったふりした建築技術者モドキが、間違った
仕事を平気で施工し、欠陥住宅を増やしていくのでしょう。

創の家づくりコンセプト 家づくりまちづくり
建物を建てるという事は、文化をも担っていると自負しています。
木造における伝統工法は正しい文化の継承なのです。日本文化の良さを
しっかりと把握し、絶やさない様にして行かなくてはなりません。
また、骨組みのしっかりした家は安心をもたらし、自然素材はやさしい
空間をつくり豊かな心を育むと考えています。
永く使い続けられる家づくりに加えて、動きやすく使い良いPLANは
"創の家"の自慢です。



住宅版エコポイント制度のお知らせ
「明日の安心と成長のために緊急経済対策」(平成21年12月8日閣議決定)として、平成
21年度 第2次補正予算において「住宅版エコポイント制度の創設」が決定されました。
環境性能の高い家電・自動車・住宅等の普及を促進し、家計の温暖化対策を加速すると
ともに、景気回復に貢献するように、「エコ消費3本柱」の推進を図り、ちょっと遅れて、住宅
版が参加したのです。
ポイント発行対象
新築
  平成21年12月8日〜平成22年12月31日に着工したもので、平成21年度
  第2次補正予算の成立日である平成22年1月28日以降に完了したもの。 
 
リフォーム
 平成22年1月1日〜平成22年12月31日に着工したもので、平成21年度
 第2次補正予算の成立日である平成22年1月28日以降に完了したもの。 
 
対象となるエコ住宅
新築
  @省エネ法に基づく「トップランナー基準」相当の住宅 又は、
  A省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅
  いずれも第三者機関による証明が必要   
 
 
リフォーム
 @窓の断熱改修(ガラス交換、内窓設置、外窓交換)
 A外壁、屋根・天井又は床の断熱改修(一定の断熱材を使用)
 B@又はA の改修工事とあわせて実施するバリアフリー改修
  (手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡張)
   詳しくは、ご連絡ください。  
 
 
 
発行ポイント数は、新築もリフォーム工事も一戸最大30万ポイント。1ポイント1円で交換で
きますが、交換対象は下記のものとなります。詳細は住宅エコポイント事務局HPに記載。
ポイント交換は、 @省エネ・環境配慮に優れた商品
A全国で使える商品券・プリペイドカード
B地域振興に資するもの
C環境寄附
D追加的に実施する工事の費用に充当(即時交換)
 
エコポイントの申請期 新築 一戸建ての住宅-平成23年6月30日まで
共同住宅等       -平成23年12月31日まで
       (ただし階数が11以上のものは、平成24年12月31日まで)
リフォーム        -平成23年3月31日まで
 
ポイントの交換期限 平成25年3月31日まで     となっています。
これは環境対策と景気回復の両立を目指して国費1,000億円を投じた国策ですが、抜本的
解決には遠く乃ばないのでは?と思えるのは私達だけでしょうか。姉歯事件以降の建築基
準法の改正においても、目先の問題に翻弄されている様に思えます。この様な世の中だら
かこそ、しっかりとした判断が必要になってくるのでしょうね。期限内に施工される工事は、
せっかくですからこのエコポイントの恩恵を受けてくださいね。





自己紹介
今年の1月に改めて創作舎に入社しました森本です。私は以前にも創作舎で
お世話になっていましたが、一度退社し、いくつかの会社を経て再び創作舎に
戻って来ました。東京やさまざまなところで仕事をしてきましたが、やはり地元で
地に足をつけて、地元を盛り上げていきたい気持ちで創作舎に帰ってきました。
いつも元気でがんばります。よろしくお願いします。

(株)創作舎一級建築士事務所
登録番号(ホ)第1030号

(株)創作舎
建設業登録滋賀県知事許可(般-13)第41979号

〒521-1221滋賀県東近江市垣見町712-5 TEL(0748)42-5611 FAX(0748)26-1225

copyright © CO.,LTD.sousakusya All right reserved
HOME会社概要事業案内作品集|News『創の家』|お問い合せリンク集求人情報サイトポリシーサイトマップ